年間行事

勤労学習

それは豊かな心を耕すこと。

勤労学習の開始は1981年にさかのぼります。体育館や運動場の整備と共に演習農園が設けられました。880坪を超える演習農園では、土作りから田植え、収穫まですべて生徒たちの手で行います。生徒たちにとっては土に触れ、農作物を育てる勤労の意義や厳しさ・収穫の喜びを感じる機会となっています。

在校生の声

勤労学習は、普段学ぶ機会のない野菜のことや、その野菜を作ってくれている農家の方々の苦労などを知ることができる科目です。授業中は、土をいじるので「汚れたくない」と思ってしまうときもありますが、自分で作った作物を収穫したり食べたりする時の喜びは何物にも変え難く、1口食べて「いつもと違う!」とすぐにわかるくらい美味しいです。また自分の作った野菜が買ってくださった人々の笑顔に変わっていると思うととても嬉しい気持ちでいっぱいになります。